ブラインドと光の関係とは

カーテンの種類と特性とは?

プライバシーや窓から入る光を調整する方法として必要なのがカーテンです。カーテンにはいくつかの種類があり、場所や用途によって変わってきます。レースカーテンやドレープカーテンは、カーテンレールから布を吊るすタイプのカーテンです。レースカーテンは、外からの光をほどよく取り入れ、部屋を明るくしたり、視線を遮る効果があります。ドレープカーテンは光を遮ったり、防音や遮熱の効果などがあります。ロールカーテンは、ロール状の物を上から吊るして布を上げ下げできるカーテンです。デザインがシンプルで部屋がすっきりと見えます。ブラインドはロールスクリーンに似た形で、スラットと呼ばれる羽で角度を変えることができるカーテンです。ブラインドは遮光などの機能が良く、アルミや木製の素材などがあるので機能や雰囲気に合わせて選ぶことができます。

ブラインドの便利な機能とは?

ブラインドは、外からの光をそのときによって調整できるので大変便利です。羽の角度を日光が入るように変えれば、そのままの直射日光が家の中に入ってきます。窓のそばに植物がある場合は、日光を当てて生長を促すことが可能です。冬の寒い時期も羽の位置を床に向ければ、部屋が暖まり、日中は暖房を付けずに過ごすことができます。部屋に明るさだけほしい場合は、直射日光が入らないように角度を調整して、光だけを取り込めば部屋の電気を付けずに済みます。ブラインドは、横に付いているコードで上にあげたり下にさげたりできるので、上に上げれば窓全体から直射日光を取り込むこともできます。このようにブラインドでうまく光を取り入れれば、毎日の生活が快適になるでしょう。

© Copyright Blind And Light. All Rights Reserved.