ブラインドの種類が豊富なワケ

なぜ多い?ブラインドの種類

ブラインドには多くの種類があります。その理由はなんでしょうか。

一般的に親しまれているのは、「ベネシャンブラインド」という横型のブラインドです。スリットという羽のようなものが水平についていて、それを回転させることで、光や風を調整します。カーテンをつけるより、部屋をすっきり見せられますよね。また、スリットが垂直についている「バーチカルブラインド」という縦型のブラインドもあります。これは、横型よりも部屋をスタイリッシュにかっこよく見せることができます。他にも、布製のブラインドで涼しげな印象を与えたり、木製のブラインドで重厚感を出したりできます。

このように、窓につけるブラインドで部屋の雰囲気を調整できることがブラインドの種類が多い理由でしょう。

ブラインドで部屋をおしゃれに

部屋に入る光や風を調整できるブラインドですが、機能だけでなく、見た目から選ぶ人も多いです。

「ロールスクリーン」というブラインドは、スリットがなく、1枚の生地が巻かれているものです。色や柄によって部屋の雰囲気をガラッと変えられるのが魅力です。無地の生地でスタイリッシュにしたり、景色が印刷された生地で華やかにしたり、簡単に雰囲気を変えられます。また、ロールスクリーンは窓につけるだけでなく、部屋や物を仕切りたいときにも使えます。生活感がある場所や見せたくない物があるとき、ロールスクリーンをつけると、おしゃれに隠せますね。

ブラインドを変えるだけで、部屋の印象は変わります。部屋をおしゃれにしたいと考えている人は、ブラインドの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

© Copyright Blind And Light. All Rights Reserved.