窓にぴったりはまるブラインドの特徴

ブラインドの嬉しいメリット

窓にはカーテンをかけていますか?それともブラインドでしょうか。以前はカーテン派が主流でしたが、最近では窓にぴったりはまり、おしゃれで使いやすいブラインドが数多くラインナップしていることから、窓にブラインドを取り付ける方が増えてきました。カーテンの場合、日中の目隠しや風通しの役目を果たすレースカーテンと部屋のインテリアにもなるメインのカーテンの2枚仕立てが一般的ですが、ブラインドカーテンは、1つだけでOK。ブラインドを取り付けるだけで、外からの視線対策や風通し、光をさえぎる効果が期待できます。

またカーテンのように開け閉めの面倒さがなく、付属のヒモやチェーンを使ってストレスなく開閉ができるのも嬉しいポイント。今あるカーテンをいかすのであれば、レースカーテンはそのままで、厚地のメインカーテンをブラインドに替えてもおしゃれで素敵です。

ブラインドの種類と効果的な使い方

ブラインドにはリーズナブルでお手入れがしやすいアルミタイプと部屋のインテリアとしておしゃれに演出できるウッドタイプがあります。どちらを選ぶかは使い勝手、そして部屋の雰囲気に合うかどうかをよくチェックして選びましょう。

また機能面も要チェック。耐水性があるものはサニタリールームやバスルームなどにおすすめ。フッ素コートが施されているものは、油などがついても簡単にふき取れるのでキッチンに、リビングなど家族みんなが長く過ごす部屋には遮熱スラットと呼ばれるブラインドの温度上昇を抑えるタイプを選ぶと良いでしょう。

ブラインドを上手に使うためにはスラット(羽根)を効率よく使うことが大切です。昼間に部屋の外側へ凸面を向けていると、直射日光をさえぎりつつ適度な光を採りいれることでき、上からの視線をシャットアウトします。反対に内側に凸面を向けると採光が多く部屋に入り、下からの視線が気になりません。

ブラインドとして通常は金属のブラインドが多く使われていますが、金属の部分を木で作っているものをウッドブラインドと言います

© Copyright Blind And Light. All Rights Reserved.